大隅 横川城



お城のデータ
所在地 鹿児島県霧島市横川町中之城山
遺 構 曲輪、空堀、堀切、土塁
形 式 山城 築城者: 横川時信 築城年代: 承久年間


見 ど こ ろ

 横川城は、天降川の右岸、横山中学校の背後に位置する城山に築かれている。 

 横川城は、城山山頂部に本丸、堀切を隔てて二の丸を置き、この二つの曲輪を中心に空堀・堀切によって区分された大小の曲輪群が配された縄張りとなっている。 ほとんどの曲輪が雑木林とブッシュに覆われているが、本丸は綺麗に整備され、土塁が良く残っていた。


歴     史

 横川城は、承久元年に大隅守護横川時信によって築かれた。 横川城は、築城以来横川院の治政の中心地であった。 横川氏は、6代種氏まで居城していたが、永禄年間には真幸院領主北原氏の所領となっていた。

 永禄5年、北原氏の家督を巡る内紛があり、日向飫肥城主伊藤義祐に与した北原伊勢介・新助父子は横川城に籠もった。 栗野城等の伊東氏の勢力があったため、島津義弘・歳久が横川城を陥落させ、北原父子を自刃させた。

 島津貴久は、横川城を菱刈重猛に与え、城には重猛の一族菱刈中務が在城した。 永禄10年に重猛の弟隆秋が島津氏に叛旗を翻す。 島津氏により馬越城落城すると、菱刈中務は横川城を捨て大口城へと退いた。 その後、江戸時代になると横川城は外城となり、横川麓が置かれ明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR肥薩線大隅横川駅〜バス/横川三文字
 車 : 九州道横川IC〜市道
駐車場: なし。(登城口前に3台程度の駐車スペースあり。)


ひとくち MEMO
横川院の治政の中心となったお城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ 霧島市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県