上野 大室城



お城のデータ
所在地 群馬県前橋市西大室町1709
遺 構 曲輪、堀、土塁
形 式 平城 築城者: 長尾憲景 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 大室城は、東神沢川とその支流とに挟まれた地形を利用して築かれた城だ。 現在の大室神社と西大室町公民館がある一帯が城の主郭部だったところだ。

 城の縄張りは、本丸を中心に東に二の丸を配し、そのそれぞれの周囲を堀で囲み、更に主郭の南北にそれぞれ曲輪を配置した縄張りとなっている。

 城の遺構は、北曲輪・南曲輪は宅地や畑地となっているが、二の丸の周囲(本丸側は消滅)を土塁と堀が良く残り、更に東に開かれた虎口と土橋も残っている。 本丸は神社境内なり、遺構が二の丸ほど残っていないが、それでも西側にも堀と土塁が残っていた。


歴     史

 大室城は、天正年間に白井長尾憲景によって築かれ、牧和泉守・弾正が城代として居城した。 天正11年、北条氏直は金山城主由良成繁に命じて牧父子から城を長尾政景に明け渡させている。

 慶長6年、酒井重忠が前橋城主となると、大室城は酒井氏の持城となり家臣石川氏が守将となった。 寛延2年に酒井氏が播磨姫路に転封となり、石川氏もこれに従い大室城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR両毛線前橋駅〜バス/西大室
 車 : 関越道前橋IC〜国道17号線〜県道3号線/上泉町〜県道76号線
駐車場: 西大室町公民館(二の丸内)の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小規模なながらも主郭部には堀と土塁、そして虎口の遺構が残るお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 前橋市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県