近江 大溝城



お城のデータ
所在地 滋賀県高島市高島勝野
遺 構 曲輪、天守台、石垣、長屋門(大溝陣屋)
形 式 平城(水城) 築城者: 織田信澄 築城年代: 天正7年


見 ど こ ろ

 現在、遺構はあまり残っておらず、わずかに本丸天守台の石垣が残るだけだ。 この天守台は、野面積みの石垣だが、一つ一つの石の大きさに驚かされる。

 本丸天守台は田圃に囲まれているが、この田圃は水堀の跡だ。今も東側には沼が続き、琵琶湖は目と鼻の先まで迫っている。  この城が、坂本城長浜城と同様に、琵琶湖に浮かぶ水城であった ことを、今でもその雰囲気をよく残している。

 三の丸に分部氏が建てた陣屋の総門が残っている。 この長屋門は、 現在民家として使用されていてる。  


歴     史

 天正7年、織田信澄(信長の弟、勘十郎信行の子)が高島郡を領し、明智光秀の縄張りによって築城、打下城から居城を移した。

 天正10年、本能寺の変によって、信澄は明智光秀の娘を正室にしていたことから、明智方と見られて大坂で落命する。 信澄の死後、大溝城には丹羽長秀、加藤光泰、生駒正親、京極高次が入れ替わり入城する。

 元和5年、京極氏に替わり分部光信が、伊勢上野より2万石で入封する。 この時、元和一国一城令の対象となり、三の丸を残して破却された。 分部氏は、 残された三の丸に陣屋を構え、明治まで代々この地を治めた。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR湖西線近江高島駅〜徒歩約5分
 車 : 湖西道路志賀IC〜国道161号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
琵琶湖に浮かんだ水城も今は天守台を残すだけとなったお城。
  • 大溝城への道しるべ
    近江高島駅前の公立総合病院の東側に病院の裏へと通じる細い道がある。
    入り口に「大溝城」の標識がある。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ 高島市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県