信濃 大峰城



お城のデータ
所在地 長野県長野市長野大峰山
遺 構 模擬天守、曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 上杉氏 築城年代: 文明年間


見 ど こ ろ
 
 大峰城は、長野市内を一望できる大峰山山頂部に築かれた城だ。 現在、本丸部分に観光用模擬天守が建てられている。 ここからの眺望は抜群。 西に本城葛山城、そして武田氏の旭山城、東に大峰城と同じ葛山城の支城髻山城が一望できる。

 大峰城は、北からの尾根筋を堀切で分離し、本丸と二の丸・三の丸をそれぞれ堀切にで区分した縄張りとなって、模擬天守西側の土塁がよく残り、堀切も保存状態が良好だ。 観光には模擬天守も必要かもしれないが、雑木林の中に残る土塁や空堀を見るのが城好きにとって何よりだ。


歴     史

 大峰城は、文明年間初期に上杉氏によって築かれた。 武田方旭城等の向城で、葛山城主落合備中守の家臣大峰蔵人の城と云われている。

 天文22年から5回にわたる川中島合戦で、大峰城を中心とする山城は甲越双方にとって最前線の突破口として、また守備陣地として重要であったため幾度か争奪戦が行われ、善光寺平一帯は武田方のものとなった。(現地案内板より)


お城へのアクセス
鉄 道: JR長野新幹線・信越本線長野駅〜タクシー
 車 : 上信越道長野IC〜国道18号線〜国道19号線/信大前〜市道
駐車場: 大峰城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
善光寺平を一望できる観光用模擬天守があるお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 長野市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県