武蔵 大蔵館



お城のデータ
所在地 埼玉県比企郡嵐山町大蔵字御所ヶ谷戸
遺 構 土塁、空堀
形 式 居館 築城者: 源義賢 築城年代: 仁平2年


見 ど こ ろ

 大蔵館は、菅谷館の対岸にあり、現在は大蔵神社の境内となっている。 

 大蔵館は、土塁と空堀に囲まれた方形の居館であったとか。 現在、神社の南と西とに土塁が残って、南側の神社入り口脇に大蔵館の大きな案内板があった。


歴     史

 大蔵館は、仁平2年に源義賢によって築かれた。 源義賢は、源為義の次男であったが、久寿2年に大蔵の戦いで兄源義朝の長男悪源太義平に攻められ殺害され、以後関東の武士は源義朝に従うようになった。

 尚、義賢の子が木曾に逃れ成人して源(木曾)義仲となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武東上線武蔵嵐山駅〜タクシー
 車 : 関越道東松山IC〜国道254号線〜県道172号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
武蔵の覇権をかけて源氏一族の争いの舞台となった館。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県