上野 大胡城



お城のデータ
所在地 群馬県前橋市河原浜町660
遺 構 曲輪、空堀、石垣、土塁、移築城門
形 式 平山城 築城者: 大胡氏 築城年代: 天文年間


見 ど こ ろ

 大胡城は、荒砥川西岸にある丘の上に並郭式に曲輪を配置して築かれた城だ。 この城は、大別して現在の大胡神社のある辺りが近戸曲輪で、この曲輪が大胡氏築城の「初期の大胡城」だ。 本丸以下の曲輪群は、近世城郭的な要素も多く、これは時代が下って北条高広時代に築かれた新城なのだ。

 大胡城は、北から近戸曲輪・北曲輪・本丸・二の丸・三の丸・南曲輪と並び、それぞれの曲輪は、深い堀切によって区画された並郭式縄張りとなっていて、大手は南先端部の大胡支所辺りに置かれていた。

 北曲輪は、越中屋敷とも呼ばれ現在は大胡幼稚園の敷地となっている。 本丸と北曲輪の間にある堀切、この城の堀切の大きさを体感することができた。

 二の丸は、本丸に西側を半月状に取り囲む様に配置され、水の手門の遺構があり、その東側には本丸へと通じる二の丸門は内枡形となっていて、ここには石垣の遺構も残されている。

 本丸は、周囲を堀切よりは浅いが、それでも深さ5m程もある空堀に囲まれ、しかも周囲には高土塁が築かれ、お城好きには堪らない光景がそこにある。 時間を忘れてしまうくらいに。 


歴     史
(移築門 正円寺山門)

 大胡城は、天文年間に大胡氏によって築かれた。 天文10年、大胡勝行は、金山城主横瀬泰繁に追われ北条氏を頼って武蔵へと移り、大胡は金山城の支配下に入った。

 永禄9年、上杉謙信は大胡城へ北条高広を入れた。 高広は、上杉謙信没後は前橋城主となり武田勝頼に従った。 

 天正10年武田氏没後は北条氏に従い、大胡城へは大胡高繁を入れたが、北条氏滅亡の時、小田原城に籠城している。

 天正18年、徳川家康の関東入国に従い、大胡城へは牧野康成が三河吉田から2万石を領して入封した。 元和2年、康成の跡を継いだ忠成は、越後長峰へと転封になり大胡城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 上毛電鉄大胡駅〜バス/大胡局前
 車 : 関越道前橋IC〜国道17号線〜県道3号線〜県道16号線
駐車場: 大胡城の無料駐車場(二の丸)を利用。


ひとくち MEMO
お城好きなら時間も忘れて土塁を眺め、土塁を登り・・・そんなお城。
  • 大胡城移築城門
    正円寺 : 群馬県前橋市堀之下町

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 前橋市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県