越後 大葉沢城



お城のデータ
所在地 新潟県村上市大場沢字寺山
遺 構 曲輪、土塁、堀切、畝状竪堀群
形 式 山城 築城者: 鮎川氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 大葉沢城は、普済寺の裏山、長津川と山田川に挟まれた当時に伸びる半島状の丘陵先端部(宮山)に築かれている。 寺の背後左手のピークには「寺山城(寺山の城)」も築かれている。 この寺山の城も含めて大葉沢城とする見方もある。

 寺山から伸びる尾根を堀切で断ちきり、その西側に連なる細い尾根を削平して大小の曲輪を並べ、途中3つの堀切で城域を三分している。 更に、北斜面には段曲輪を幾段も設け、ここに城主居館が置かれた縄張りとなっていた。

 この城の見所は、何と言っても、東端の堀切から西の三重堀切までの合いだ、南側斜面の横堀から、高さ3m・長さ15m程の土塁と堀が約6m程の間隔で「これでもか! これでもか!」と掘られた50数条の畝状竪堀群だ。

 畝状竪堀自体は各地の城で見られるが、これほど斜面を覆い尽くすような畝状竪堀は見たことがなく、唯々その光景に驚き、見とれ、そして興奮してしまった。


歴     史

 大葉沢城は、室町時代に鮎川氏によって築かれた。 鮎川氏は、本庄城主本庄氏の一族と云われて(奥山荘三浦和田氏の一族とする説もある)、室町時代には小泉荘でも本庄氏と並ぶ有力国人となっている。

 戦国時代も天正8年には、鮎川清長は同族小川長資と共に本庄城を襲い、本庄房長を出羽に追う下克上を行っている。

 永禄11年、鮎川盛長は本庄繁長に大葉沢城を攻め取れらたが、上杉謙信の追討を受け鮎川氏も本庄城攻めに参陣してる。 慶長3年に上杉景勝が会津へ移封になり、鮎川氏一族も景勝に従って会津へと移った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR羽越本線村上駅〜バス/大葉沢
 車 : 日本海東北道朝日三面IC〜県道349号線
駐車場: 大葉沢地区公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
斜面を覆い尽くす畝状竪堀群が圧巻!

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 村上市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県