河内 恩地城



お城のデータ
所在地 大阪府八尾市恩智中町5丁目
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 恩智満一 築城年代: 建武年間


見 ど こ ろ

 恩智駅より高安山に向かって進むと、集落の突き当たりに恩智氏縁の恩智神社がある。 恩智城は、現在城址公園となっていて、神社への参道を途中で右手に入ったところにある。

 かつては、城跡に小学校が建てられていて、相当形状が変化しているのだろう、史料に拠れば土塁も残っているとのことだが、城址公園内を探してみるが土塁の形跡も見つからなかった。 


歴     史

 恩智城は、建武年間に恩智左近満一によって築かれた。 左近は、恩智神社社家の後裔で、南北朝期には楠木正成に従い楠公八臣の一人に数えられ、千早城の籠城戦や飯盛山城攻めにも参陣して活躍した。

 貞和4年、左近は楠木正行に従って四条畷で討ち死にした。 恩地城は、左近の討ち死に共に落城したと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線恩智駅〜徒歩約20分
 車 : 西名阪道藤井寺IC〜国道170号/柏村〜市道
駐車場: なし。(恩智城址公園内へ駐車)


ひとくち MEMO
楠木正成の八臣の一人恩地満一の居城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県