大和 奥山城



お城のデータ
所在地 奈良県高市郡明日香村奥山
遺 構 曲輪、土塁、空堀、堀切、竪堀
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 奥山城は、飛鳥資料館の裏山(竹藪に覆われた丘陵)の西先端部を利用して築かれた城だ。 丘陵先端部北側に小公園があり、ここから南側の尾根へ向かって竹藪をかき分けて登る。

 城の縄張りは、丘陵先端部に主郭を置き、東に向かって帯曲輪を伴う二の曲輪、堀切を隔てて三の曲輪となっている。 主郭の周囲は空堀が巡らされ、南西部斜面に向かって竪堀が掘られている。 二の曲輪東端から大堀切とも思われるような竪堀があり、更に東に堀切を設け、東尾根筋の防禦を固めた城。

 規模は小さな部類の城だが、縄張りも竪堀も見どころたっぷりの城であった。 ただ、全くの未整備状態(荒れるがままの竹藪)で感動度が下がってしまうのが残念だ。


歴     史

 奥山城は、築城年代や築城者については定かではない。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄橿原線橿原神宮駅〜バス/奥山
 車 : 西名阪郡山IC〜国道24号線〜国道169号線〜県道206号線
駐車場: 飛鳥資料館前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
谷と見間違うような大竪堀が魅力的なお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県