伊賀 奥氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市喰代字北田
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 奥氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 奥氏城は、舌状丘陵の先端部を利用して築かれ、丘陵の南北両谷筋を小川が流れ、この川を天然の堀としている。 谷を隔てて北側の丘陵には喰代氏城、南の丘陵ひは百地丹波城がある。

 城の縄張りは、背後の丘陵と堀切で断ち、長方形の曲輪の周囲を土塁で囲み、西と北に虎口を設けている。 西の虎口は、土塁で外枡形を形成した虎口となっており、更に西側に堀切を隔てて、自然地形をそのまま残して物見台とした、伊賀土豪の城としては、珍しい形式の城であった。


歴     史

 奥氏城は、室町時代に奥氏によって築かれた。 その他の詳細なことは定かでない。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/喰代
 車 : 名阪国道友生IC〜県道56号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
土塁で構築された外枡形の遺構が残るお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県