長門 奥阿武宰判勘場



お城のデータ
所在地 山口県萩市吉部上
遺 構 石垣
形 式 代官所 築城者: 長州藩 築城年代: 貞享4年


見 ど こ ろ

 奥阿武宰判勘場は、萩と津和野を結ぶ往還(街道)の要地である吉部に築かれている。 ネコ寺として有名な雲林寺から東へ約100mほど旧街道を進むと左手に宰判勘場への進入路(道しるべ有り)がある。

 現在、宰判勘場は史跡公園となっていて標柱と案内板があるだけだが、宰判勘場の規模をそのまま残しており、南面に積まれた石垣も草に覆われていたが良く残っていた。


歴     史

 長州藩は、藩内統治のため周防で9区・長門で8区の行政区に分け宰判勘場(代官所)を設置した。 奥阿武宰判勘場は、貞享4年に設けられ明治まで阿武郡東部の各村を支配した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線東萩駅〜バス/吉部〜バス/吉部市
 車 : 小郡萩道路絵堂IC〜国道490号線〜県道11号線〜県道10号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
阿武郡東部の各村を支配した長州藩の代官所。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県