土佐 岡豊城



お城のデータ
所在地 高知県南国市岡豊町八幡
遺 構 曲輪、土塁、石垣、空堀、井戸
形 式 平山城 築城者: 長宗我部氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 岡豊城は、建物こそ残っていないが、長宗我部氏が築いた戦国城郭の姿を今も完全に残している城だ。 県指定史跡にもなっていて綺麗に整備されているので、残された城の遺構をじっくりと楽しむことが出来る。

 岡豊城は、岡豊山の山頂に築かれた本城と馬屋跡と家老屋敷跡と呼ばれている二つの出丸からなっている。

 本城は、最高所に本丸、東に二の段、西に三の段・四の段が配置された縄張りとなっている。 本丸には、建物の礎石と南面に土塁が残っている。

 岡豊城の遺構で見応えのあるのが、三の段の土塁と虎口付近の石垣、そして三の段から四の段への間にある小曲輪の土塁と虎口だ。 この辺りを見ていると、自然と往時の姿が頭の中に浮かび上がってくる。

 四の段から腰曲輪に出た所の切岸には、今は埋まって浅くなっているが周囲に空堀があった。

 岡豊城を訪れたら、かつては曲輪があった場所に県立歴史民俗資料館がある。 長宗我部氏関連の展示が充実しているので是非訪れて見ると良い。  


歴     史
(現地案内板より)

 四国の覇者、長宗我部氏累代の居城だが、その築城年代は定かではない。 現在の遺構に留めるような戦国時代の平山城としたのは、長宗我部国親の頃と考えられている。

 鎌倉・南北朝・室町時代と長岡郡を中心に勢力を誇った長宗我部氏であるが、18代兼序の時、永正5年に本山・吉良・大平・吉良連合軍によって攻められ岡豊城は落城し、兼序も自刃する。 落城の際、嫡子国親は幡多中村の一条房家を頼って落ち延びた。

 永正15年、一条房家の助力で本領を回復した長宗我部国親は、徐々に勢力を回復・拡大して、天文18年には山田城主山田元義を攻め滅ぼした。 永禄3年、朝倉城の本山茂辰を攻め、長浜・浦戸の合戦で勝利したが、同年没する。

 国親の後を嗣いだ元親は、永禄12年には安芸城主安芸国虎を、天正2年に中村城主一条兼定を滅ぼして土佐を制定、天正12年伊予河野氏を降して四国を平定する。 これにより、岡豊城は四国4ヶ国の本城となった。 

 天正13年、豊臣秀吉の四国征伐に敗れた元親は、土佐一国を安堵され、天正16年に居城を大高坂城(現高知城)へ移すが、治水に難があったため、天正19年に浦戸城を築いて近世長宗我部氏の居城とした。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃本線高知駅〜高知県交通バス/歴史民俗資料館(直通便)
 車 : 高知道南国IC〜国号32号線〜県道384号線
駐車場: 高知県立歴史民俗資料館の駐車場(無料50台)を利用。


ひとくち MEMO
四国の覇者、長宗我部元親の居城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ 歴史資料館のHPへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県