播磨 置塩城



お城のデータ
所在地 兵庫県姫路市夢前町宮置
遺 構 曲輪、土塁、石垣
形 式 山城 築城者: 赤松政則 築城年代: 文明元年


見 ど こ ろ

 置塩城は、播磨・備前・美作3ヶ国の守護職、赤松氏の本城である。 標高 370mの置塩山頂の本丸を中心に、全山60ヶ所以上の曲輪があり、要所には石垣が築かれている。 中世山城としては、驚くほどの規模と完成度の高い堅城だ。

 登山口は、櫃蔵神社の脇(道路沿い)に縄張り図が描かれた案内板と石碑があるのですぐ分かる。 ここから約40分登れば、山頂の置塩城趾だ。

 地元の方によると、西曲輪・大手門へ至る大手道もあるが、危険なため通行不可と のこと。

 茶室跡・二の丸・三の丸一帯が置塩城の中核曲輪である。 二の丸が城主の館、三の丸が迎賓館的な館が建てられていたと推定される。 また、二の丸下の南西曲輪群に「大石垣」が残っている。 一見の価があり。

 本丸が詰の曲輪であったと考えられている。 この本丸からの眺めは最高。 瀬戸内海に浮かぶ家島、その手前の姫路城まで見ることが出来る。  


歴     史
(姫路城「と」の門)
(現地案内板より)

 嘉吉の乱で赤松氏は滅亡するが、一族赤松政則が20年後に復興を許され、応仁の乱の時、播磨に攻め入り播磨を回復した。 文明元年、政則は置塩城を築き、戦国大名赤松氏の本城とした。 赤松政則は、その後備前・美作の旧領を回復する。

 天正5年、5代則房の時、羽柴秀吉の中国攻めで降伏し、秀吉に従った。

 秀吉は、中国攻めの拠点として姫路城を築城したが、この時置塩城は廃城となり、建物や城下町を姫路に移している。 姫路城「と」の門が置塩城大手門を移築したものといわれている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線姫路駅〜神姫バス/「塩田・前之庄」行、宮置下車
 車 : 中国道福崎IC〜県道23号線/前之庄〜県道67号線/宮置
駐車場: 登城口側の櫃蔵神社前駐車場(無料)を利用。


ひとくち MEMO
登城口から一丁毎に石碑が登城道に建てられているお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 姫路市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県