阿波 沖洲台場



お城のデータ
所在地 徳島県徳島市南沖洲3丁目
遺 構 土塁
形 式 台場 築城者: 蜂須賀斉裕 築城年代: 文久年間


見 ど こ ろ

 沖洲台場は、徳島城下と直結する新町川河口に津田台場と対をなす様に築かれた。 現在では、宅地化の波に飲み込まれてしまったが、かつての海岸線を彷彿させる松並が残っている。

 松並の一角にある小公園として台場の遺構が保存されている。 土塁と一部石積みが残り、ここに長さ1間の唐金鋳物製の大砲が5門備え付けられていたとか。


歴     史

 沖洲台場は、幕末の文久年間に蜂須賀斉裕によって築かれた。 徳島藩は、文久元年に津田台場を築き、新町川対岸に津田台場の福台場として沖洲台場を築いた。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR高徳線徳島駅〜バス/南沖洲3丁目
 車 : 徳島道徳島IC〜国道11号線〜県道29号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
津田台場の副台場として築かれた台場。

徳島県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県