三河 岡崎城



お城のデータ
所在地 愛知県岡崎市康生町
遺 構 復元天守、門、石垣、堀、曲輪
形 式 平山城 築城者: 西郷稠頼 築城年代: 享徳元年


見 ど こ ろ

 岡崎城は、矢作川と菅生川が合流する地点にある龍頭山と呼ばれる丘陵に築かれ、現在は岡崎公園となっている。

 岡崎城は、西郷氏の築いた砦が時代とともに随時拡張され近世城郭へと変貌を遂げた。 それ故、中世城郭を思わせる部分と近世城郭とが混在していて、移り変わりを表す場所を見付けるのも楽しい城だ。

 西郷氏が築いた城は、現在の本丸一帯であったとされ、本丸と北側の二の丸・持仏堂曲輪と間にある空堀は西郷稠頼(清海入道)にちなんで清海堀と呼ばれている。

 本丸・二の丸・持仏堂曲輪が中枢として、その東側には東曲輪と一段下がって三の丸・菅生曲輪・備前曲輪・浄瑠璃曲輪が配され、浄瑠璃曲輪東面に大手門があった。

 本丸には三層天守と付櫓、東曲輪に東隅櫓が復元され、映画のセットを思い出してしまいそうな大手門が二の丸内に建てられている。 清海堀付近の石垣、本丸月見櫓下付近の石垣など随所に残る石垣遺構も見応えがあった。


歴     史

 岡崎城は、享徳・康正年間に西郷稠頼によって築かれた。 稠頼は、三河守護仁木義長の守護代を務めていた。 応仁の乱後、西郷頼嗣の娘婿松平光重が嗣ぎ、光重−親忠−信貞と三代の居城であった。

 安祥城主松平清康(家康の祖父)は、大永4年に岡崎松平信貞を追って岡崎城を居城とした後、清康−広忠−家康−信康と4代の居城で、天正7年に信康自刃後は石川数正・本多重次が城代を務めた。 

 天正18年に徳川家康が関東に移封されると田中吉政が5万石(後に10万石)で入城した。 吉政は惣構の構築して城下の整備を行っている。

 慶長6年に関ヶ原の戦功により田中吉政は筑後久留米へ移封となり、替わって上野白井より本多康重が5万石で入城した。 本多氏は、康重−康紀−忠利と3代に渡って天守の構築など城の大修築している。

 本多氏が転封の後、三河吉田から水野忠善が5万石で入封する。 水野氏7代が居城した後、松平康福が下総古河より入封、明和6年に石見浜田より本多忠粛が5万石で入り、6代後の忠直の時に明治を迎えた。 


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄本線岡崎公園前駅〜徒歩約5分
 車 : 東名岡崎IC〜国道1号線
駐車場: 大手門前に市営有料無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
徳川家康生誕のお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 岡崎市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県