備前 岡山城



お城のデータ
所在地 岡山県岡山市北区丸の内2丁目
遺 構 復元天守、現存櫓2基、復元渡り櫓門、曲輪、石垣、堀
形 式 平城 築城者: 上神高直 築城年代: 正平年間


見 ど こ ろ

 岡山城は、後堅固な城だ。 本丸背後を一級河川の旭川が流れ、さらに、 対岸には日本三名園の一つ後楽園が、岡山城の背後を防衛する目的で築かれている。

 復元された五層天守は、初期望楼式で黒壁の武骨な風情のある天守だ。 城内から見る天守も良いが、後楽園から旭川越しに見る天守は、勇壮な姿を魅せてくれる。

 岡山城には、本丸に月見櫓、今は岡山の官庁街になっている西の丸にある小学校に西手櫓が現存している。 また、本丸の表門である不明門が復元されている。

 今は櫓台が残るだけだが、本丸虎口を沼城天守を移築した大納戸櫓が守っていた。 また、西の丸石山門は、富山(とみやま)城の大手門を移築したが、これも今は存在していない。 


歴     史

 岡山城は、南北時代の正平年間に名和長年の一族、上神高直が築城し、その後金光宗高が居城としていた。

 天正元年に備前を制圧した宇喜多直家は、金光宗高を謀殺して岡山城を奪い、沼城から居城移した。 直家は、岡山城に入城してから城の拡張を行い、息子秀家の代までの間に天守を含む大城郭へと変貌させた。

 慶長5年、関ヶ原の戦いに敗れた宇喜多秀家は改易され、筑前名島城主小早川秀秋が入城するが、在城2年で死去して小早川家は断絶する。

 慶長8年、池田忠継が入城する。 忠継幼少のため長兄の姫路城主池田利隆が補佐し、この時に西の丸帯郭を増築された。 元和元年に忠継が没し、弟忠雄が跡を継ぎ、その子光仲と続く。

 寛永9年、光仲幼少のため、鳥取城主池田光政と入れ替えになる。 以後、光政系池田氏が、代々315,000石を領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線岡山駅〜バス/県庁前
 車 : 山陽道岡山IC〜国道53号線
駐車場: 大手門前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
後楽園から旭川に架かる橋辺りから見る天守は最高。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ 岡山市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県