三河 乙ヶ林城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市乙ヶ林町信田
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 乙ヶ林城は、乙ヶ林町巻ノ下地区にある白山神社から東正面に見える丘陵の先端部を利用して築かれている。 西麓の民家脇から丘陵へ登るとすぐに堀切が目に入ってくる。

 乙ヶ林城の縄張りは、民家背後に竹藪となっている一の曲輪があり、背後に削り込んだ大土塁となっていて、広さから見てここに居館が建てられいたのであろうか。

 大土塁の北側には二の曲輪との間に堀切があり、堀切の西側は竪堀状になり、南からの登城道がここに繋がっていたようだ。 二の曲輪の北側にも堀切があり北の尾根筋を断ち切っている。 二の曲輪西側にも堀切があるようだが、埋まってしまったのか浅い横堀のようにしか見えなかった。 縄張り図がなければ、この堀切は自然地形として見逃してしまったかもしれない。


歴     史

 乙ヶ林城は、築城年代や築城者などは定かではないが、城主として春日部定縄の名が伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 名古屋鉄道豊田線豊田市駅〜バス/市場大草〜〜バス/乙ヶ林交差点
 車 : 東海環状道豊田藤岡IC〜国道419号線〜県道19号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
地山を削り込んだ大土塁と堀切が見事なお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県