三河 大給城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市大内町字城下
遺 構 曲輪、土塁、石垣、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 登城口から尾根筋を西に向けて約200m程進むと、大給城東端の堀切が現れる。 この堀切は、城址西端の堀切と共に愛知県下では最大規模の堀切だ。(この堀切とところに案内板と石碑がある。)

 大給城の縄張りは、大きく4つの曲輪群からなる。 最高所にある本丸、その東に位置する二の丸、本丸南下にある居館、そして二の丸北の谷筋の水の手曲輪だ。

 城の要所には、石垣が築かれている。 特に、二の曲輪の東南に食い違い虎口と一の曲輪の虎口付近だ。 

 大給城を訪れて、谷筋の水の手曲輪は感動ものだ。 現代風に云うならば「砂防ダム」、もちろん規模の大小はあるが、石垣で築かれた堤防が二段築かれ、谷筋の防御と水の確保のために築かれていている。


歴     史

 大給城の築城年代は定かではないが、天文年間に長坂新左衛門が居城していた。

 松平氏4代親忠(当時は岩津城が松平宗家の居城)は、大給城の長坂氏を追い、次男乗元を大給城主とした。 松平乗元は、大給を称して大給松平氏の初代となった。 以後、大給松平氏の本城として代々相続する。

 天正3年、滝脇松平乗高によって攻められ落城する。 城は、その後大給松平氏の手に戻るが、この時城は修復・改修された。  天正18年、大給松平家乗は家康の関東移封に従い、上野国那波1万石を領し、大給城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅,、名鉄本線岡崎市駅〜名鉄バス/九久平〜徒歩(約2km)
 車 : 東名豊田IC〜国道155号線〜国道301号線
駐車場: なし。(登り口付近路肩に2台程度の駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
愛知県下では最大規模の堀切があるお城。
  • 大給城の登城口
    大給城へは、国道301号線で九久平町の信号を松平東照宮へと案内板に従って左折し、しばらく進むと右手に「大給城への案内板」がある。 ここを右折して坂道をしばらく進むと、ちょうど峠の右手に登城口がある。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 豊田市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県