越前 小黒丸城



お城のデータ
所在地 福井県福井市黒丸町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 斯波高経 築城年代: 建武4年頃


見 ど こ ろ

 南北朝時代に北朝方の斯波高経の居城となった小黒丸城は、九頭竜川と日野川が合流する地点に築かれ、深田に囲まれた平城であったとか。 現在は、圃場整備により遺構などは何も残っていないが、黒丸地区の道路脇に立派な石碑が立てられていた。


歴     史

 小黒丸城は、建武4年頃に斯波高経よって築かれた。 建武5年、北朝方の高経は新田義貞率いる南朝方に越前府中城に籠もって敗れ、黒丸城へと逃れ、勝虎城はじめとする支城足羽7城と共に南朝方備えた。

 北朝方を攻める新田義貞は、燈明寺畷にて討死したが、延元4年に脇屋義助率いる南朝方に攻められ、高経は黒丸城を捨て加賀へと逃れ、足羽7城もこの時南朝方により攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: えちぜん鉄道三国芦原線新田塚駅〜バス/黒丸
 車 : 北陸道福井北IC〜国道416号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
南北朝時代に北朝方の拠点となっていたお城。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県