伊勢 小岐須城



お城のデータ
所在地 三重県鈴鹿市小岐須町字北条
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 小岐須盛光 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 小岐須城は、南側が御幣川が流れる台地に築かれている。 現在は、遍照寺の境内となっていて、土塁は、資料によれば南北80m、東西50mもあるとか。

 南側の遺構(土塁と空堀)を見ることは出来ないが、道路に面した北側からは、西側に連なる高い土塁と空堀とがよく残ってる。  


歴     史

 小岐須城は、築城年代は定かではないが、永禄年間に亀山城主関盛信の弟小岐須盛光が居城したとされいる。

 その子盛経は織田氏に属していたが、天正12年に羽柴秀吉に滅ぼされた。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄名古屋線四日市駅〜バス/山本〜徒歩約15分
 車 : 東名阪道鈴鹿IC〜県道560号線〜県道11号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
寺の西側には見事な土塁が今でも残っているお城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ 鈴鹿市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県