近江 小川西ノ城



お城のデータ
所在地 滋賀県甲賀市信楽町小川字伊吹谷
遺 構 曲輪、堀切、空堀、土塁、畝状竪堀、井戸
形 式 丘城 築城者: 小川氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 小川地区には中手川を挟んで東に小川城中ノ城、西の清光寺の背後の丘に小川西ノ城が築かれている。

 半島状の丘の山頂部に主郭を置き、東に二の曲輪・三の曲輪、西の尾根筋に四の曲輪・五の曲輪が配された縄張りとなっていて、曲輪を隔てる4条の堀切が良く残っている。 主郭の東西斜面には畝状竪堀の遺構が見られる。

 二の曲輪は、L字形に土塁があり、三方を空堀が囲繞し、曲輪の中でも一番見応えのある複雑な縄張りであった。
  

歴     史

 小川西ノ城は、築城年代は定かでないが小川氏によって築かれた。 その後、近衛家領信楽荘の荘官であった多羅尾氏がこの地に拠点を移したと考えられる。

  戦国時代、小川城は多羅尾氏が城主となり、信楽一帯の盟主として勢力を誇ったが、文禄4年に豊臣秀次事件に連座し改易され、小川城(小川城・中ノ城・西ノ城)は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 信楽高原鉄道信楽駅〜バス/小川口
 車 : 新名神信楽IC〜国道307号線/信楽〜県道138号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
小川三城の中でも一番複雑な縄張りを持つお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県