信濃 小田切城



お城のデータ
所在地 長野県上伊那郡宮田村南割
遺 構 曲輪、土塁、堀跡
形 式 平城 築城者: 小田切氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 小田切城は、南割六班集会所の南側にある民家の敷地と西側の畑地となっている一帯に築かれていて、小豪族の居館規模の城だ。

 台地端を利用した縄張りで、概ね3段に分かれた曲輪配置であったようで、畑の西端に堀を設けていたのであろう。


歴     史

 小田切城は、築城年代は定かでないが小田切氏によって築かれた。 小田切良満が源平合戦で平家方であった大田切城の菅友則を討った功績により小田切の地を与えられた。

 戦国時代の天文年間、小笠原氏に従って武田氏の伊那侵攻に抵抗した小田切正勝は武田方に捕まり狐島にて殺され、嫡男正景は浪人となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線宮田駅〜徒歩約20分
 車 : 中央道駒ヶ根IC〜県道75号線〜国道153号線〜県道213号線
駐車場: 南割六班集会所の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
源平合戦の戦功をあげた小田切良満の居城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県