山城 如意岳城



お城のデータ
所在地 京都府京都市左京区鹿ヶ谷大黒谷町
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 多賀高忠 築城年代: 文明元年


見 ど こ ろ

 如意岳城は、京都五山の送り火で有名な大文字山山頂一帯に築かれた城だ。 この城は、恒久的な城郭ではなく、陣城に分類される方が良いのかもしれないが、京都周辺の山城としては、規模も縄張りを誇っている。

 城の縄張りは、山頂部に主郭を置き、山頂の北側に10数段に渡って雛壇式に腰曲輪があり、ここに陣小屋が建てられていたと推定されている。

 更に、東(大津方面)に向かう如意越えの道に沿って北の曲輪と南の曲輪が配置され、ここには土塁や空堀が構築され防備を固めていた。


歴     史

 如意岳城は、多賀高忠によって築かれた。 この城は、志賀越えと東海道を眼下に望む、京と近江を結ぶ交通の要所を押さえる城で、応仁の乱以後も細川高国、足利義輝によってしばしば城塞として活用された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線京都駅、京阪電車出町柳駅〜バス/銀閣寺前
 車 : 名神京都南IC〜国道1号線〜府道38号線〜府道101号線(今出川通)
駐車場: 銀閣寺前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
京都五山の送り火『(右)大文字』、ここにお城があったとは・・・。
  • 如意岳城への道しるべ
    慈照寺(銀閣寺)山門前を左へ、道なりに山間からの谷川に沿って大文字山まで整備された遊歩道を登る。 途中、『(右)大文字』の送り火の火床を経て、三角点のある大文字山山頂まで登る。 山頂から東側から南側に掛けての一帯が如意ヶ岳城の城域だ。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県