備前 沼 城



お城のデータ
所在地 岡山県岡山市東区沼
遺 構 曲輪、土塁、櫓台、堀切、出丸
形 式 山城 築城者: 中山信正 築城年代: 天文初年頃


見 ど こ ろ
(現地案内板より)

 沼城は、別名亀山城ともいう。 沼に浮かぶような小高い丘(今は、水田と住宅に囲まれた)に築かれた沼城は、なるほど「亀」の姿そのもの。 亀の甲羅の部分に本丸を置き、頭の部分が二の丸、そして浮田小学校裏山が出丸の西の丸だ。 

 本丸には、弁財天を祀る神社が建てられていて、この部分が一段高くなっている。 かつては、ここに沼城天守が建てられていたのだろうか?

 沼城天守は、岡山城の築城の際に本丸大納戸櫓として移築された。 しかし、残念なことに戦災により焼失してしまった。


歴     史

 沼城は、天文初年頃に中山信正によって築かれた。 信正は、金川城の松田氏に従い、後に天神山城の浦上宗景に従っていた。 天文20年には宇喜多直家に娘を嫁がせた。

 永禄2年、宇喜多直家は舅中山信正を謀殺して沼城を奪い、居城を新庄山城から沼城へと移した。

 沼城を拠点にして、直家は天正元年に岡山城へ移るまでの間に、備前・美作・備中へと版図を拡大した。 岡山城へ直家が移ると、舎弟浮田春家が城主となった。

 慶長5年、岡山城主となった小早川秀秋は、沼城を廃して主要建造物を岡山城へと移築した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線上道駅〜バス/沼
 車 : 山陽道山陽IC〜県道37号線〜国道2号線
駐車場: なし。(浮田小学校前に2台程度の駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
宇喜多直家が舅を謀殺して奪ったお城。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ 岡山市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県