三河 則定小畑城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市則定町小畑
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 則定小畑城は、巴川と則定川の合流地点に南北に突き出した丘陵先端部を利用して築かれてる。 合流地点に架かる小さな橋を渡った正面が小畑城の城域北端部になる。

 巴川沿いの斜面を直登すると二の曲輪だ。 巨石のある二の曲輪から南に連なるのが主郭で、周囲に土塁が残っている。 主郭南側に堀切が有り、これにより背後の丘陵から遮断して城域を確保していた。


歴     史

 則定小畑城は、築城年代や築城者について詳細なことは定かでないが、松平縫殿助が城主であったと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅〜徒歩/喜多町4丁目〜バス/則定本郷
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜国道301号線〜県道487号線
駐車場: なし。(合流地点に架かる橋の前に駐車スペースあり。)


ひとくち MEMO
巴川の渡し場を押さえた在地領主のお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県