三河 則定陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市則定町本郷5−1
遺 構 曲輪、石垣
形 式 陣屋 築城者: 鈴木重次 築城年代: 慶長5年


見 ど こ ろ

 則定陣屋は、現在の則定小学校敷地に築かれていた。 小学校の校門に至る門坂には陣屋時代の石垣が残り、民家との間には高さ10mほどの段差が切り岸となっている。

 この切り岸の一部には石垣が積まれ、民家の敷地に面しているので、西面全ての石垣を見ることは出来ないが、西南角の石垣は見応えのある遺構だ。 小学校の裏手に廻ると、グランドの片隅に小さな標柱が立てられていた。


歴     史

 則定陣屋は、慶長5年に旗本鈴木重次によって築かれた。 則定鈴木氏は、1,000石を領し、代々この地を領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅〜徒歩/喜多町4丁目〜バス/則定本郷
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜国道301号線〜県道487号線
駐車場: 則定町集会所の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
立派な石垣の残る旗本陣屋。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県