日向 野々美谷城



お城のデータ
所在地 宮崎県都城市野々美谷町字古城
遺 構 曲輪、空堀
形 式 山城 築城者: 島津元久 築城年代: 応永元年


見 ど こ ろ

 野々美谷城、東側を大淀川、北側を庄内川が堀のように流れている東西に長細い丘陵に築かれている。

 野々美谷城の縄張りは、丘陵上に本丸を中心にして諏訪城・西の丸・八幡城・石垣城・倉持城・尾崎城・平城・取添2城の10の曲輪が配置されていた。

 現在、丘陵上には諏訪神社の境内と農地、そして曲輪跡が雑木林となっていてる。 資料には空堀が残っているとあったので探索してみるが、その所在は判らなかった。


歴     史

 野々美谷城は、応永年間に島津元久が築城し、一族樺山音久を城主とした。 音久以後代々居城して、5代長久が大隅小浜へと移った。

 大永元年、野々美谷城は都城城主北郷忠相の持城となり、北郷尚久が城主となった。

 その後、城は北原氏が攻め取ったが、大永11年に再び北郷氏が奪い返した。

 一時伊集院氏の所領となったが、慶長4年の庄内の乱以後再び北郷氏の持城となり、元和元年の一国一城令により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線都城駅〜バス/麓(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 宮崎道都城IC〜国道10号線〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
諏訪神社の境内と農地になっているお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県