三河 野田館



お城のデータ
所在地 愛知県新城市豊島字河原畑
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 千秋清季 築城年代: 平安時代末期


見 ど こ ろ

 野田館は、豊川沿いにある野田浄水場南側の畑地の側に野田館の案内板が立てられている。 館の遺構は何も残っていないが、この案内板を中心に方形単郭の居館であったようだ。


歴     史

 野田館は、平安時代末期に藤原清季によって築かれ、清季は千秋氏を称した。 千秋氏6代を経て、南北朝以後は富永氏の居城となるが、戦国時代になると富永氏は断絶していまう。

 永正2年に田峯城主菅沼定忠の三男定則が移り城主となったが、永正12年に野田城を築いて移り野田館は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線野田城駅〜徒歩約20分
 車 : 東名高速豊川IC・新東名高速新城IC〜国道151号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
室町時代に勢力を誇った富永氏の本拠となった館。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県