日向 西階城



お城のデータ
所在地 宮崎県延岡市西階町2丁目
遺 構 曲輪、土塁、竪堀、堀切
形 式 山城 築城者: 土持全宣 築城年代: 永享元年


見 ど こ ろ

 西階城は、現在の西階運動公園一帯の丘陵を城域として築かれている。 

公園内にある金堂ヶ池を取り囲む丘陵の最高所に主郭の曲輪群を置き、北に堀切を経て更に尾根に曲輪が並ぶ。 また、丘陵尾根筋のピークにも曲輪を置き「中の城」を形成し、随所に堀切や竪堀の遺構を確認することができた。

 この「中の城」意外にテニスコートを隔てた龍泉寺のある所が「東の城」、グランドの南側が「南の城」、公園北側の住宅地となっている丘陵に消滅してしまった「北の城」が配置され、この4つの城を合わせて西階城として機能してたとか。


歴     史

 西階城は、永享元年に土持全宣によって築かれた。 全宣は、伊東氏・島津氏と共に日向を三分した勢力を誇ったが、伊東氏の勢力拡大に対応するために井上城から西階城を築城して移った。

 しかし、全宣の子宣綱は、文安3年に松尾城へと居城を移し、以後、戦国末期まで松尾城が県土持氏の本城となったが、西階城はその後も「中の城」と呼ばれ、代々城代が置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線延岡駅〜バス/西階球場前
 車 : 東九州道西都IC〜県道18号線〜国道10号線〜国道218号線
駐車場: 西階運動公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
金堂ヶ池を取り囲む丘陵に見事な堀切が残るお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県