讃岐 西長尾城



お城のデータ
所在地 香川県仲多度郡まんのう町長尾
遺 構 曲輪、土塁、石垣、空堀、土橋、居館跡
形 式 山城 築城者: 長尾元高 築城年代: 応安元年


見 ど こ ろ

 西長尾城は、大高見峰〜猫山へと東西に延びる丘陵の西先端部の城山に築かれた城だ。 山頂部には、曲輪群が残っていて山城の魅力一杯って云うお城。

 残念なことに、今回は山頂の城へは登城できず次回のお楽しみっとすること・・・。

 国道438号線沿いの長尾バス停を過ぎた国道沿いに偶然西長尾城の石碑と案内板を発見した。 城山の山麓に見えるお寺が超勝寺で西長尾城の居館跡とか、寺から山頂への登城口もある。


歴     史

 西長尾城は、応安元年に長尾元高によって築かれた。 長尾氏は、代々大隅守を称し9代高親まで鵜足・那珂・阿野三郡南部に勢力を誇った。 

 天正7年、長宗我部元親は讃岐へ侵攻し、天霧城主香川氏を降し、長尾氏の西長尾城に迫った。 長尾高親は、香川氏を通じて降伏勧告を受け入れ長宗我部氏に降り、その後の佐料城藤尾城の香西氏攻め、十河城の十河氏攻めに先鋒を勤めた。

 天正13年、豊臣秀吉の四国侵攻に敗れた長宗我部元親は土佐一国に減じられ、長尾一族は下野して居城西長尾城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃本線琴平駅、琴平電鉄琴平線琴平駅〜バス/長尾
 車 : 高松道善通寺IC〜国道319号線〜国道438号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
今回は登城できず、近いうちに是非一度登ってみたいお城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県