越後 西条城



お城のデータ
所在地 新潟県妙高市西条字荒城
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 西条城は、西条地区の北側に位置する荒城山に築かれている。 林道脇に鳥瞰図のありここから15分程で本丸へと着く。 本丸からの眺望は良く、鮫ヶ尾城から春日山城まで一望することができる。

 城の縄張りは、山頂部に本丸を置き、南北に伸びる尾根筋の北に二の曲輪、南に一の曲輪を配し、南の丘陵から続く尾根を堀切によって遮断している。 主郭の南側と西側にも浅いが堀切を設け、防備を固めている。 また、案内板のある登り口付近には、屋敷跡と称されている比較的広い削平地(曲輪)が数段あった。 


歴     史

 西条城は、築城年代や築城者など詳細なことは定かでないが、戦国時代に上杉氏が信越国境へ進攻する武田氏に備えて、春日山城の支城として機能していた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線新井駅〜バス/上新保
 車 : 上信越道高田IC〜国道18号線〜国道292号線〜県道455号線
駐車場: なし。(登城口前に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
信越国境方面に備えた春日山城の支城の一つ。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県