山城 西一口城



お城のデータ
所在地 京都府久世郡久御山町西一口字古城
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 斎藤実盛 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 西一口(にしいもあらい)城は、宇治・木津・桂川の三河川が流入していた巨椋池(干拓されている)から唯一淀川へと排水口にあり、かつては三方を池水によって囲まれた半島状になっていた。

 淀川の水運を押さえる意味でも要衝の地にあった城だが、巨椋池干拓と共に往時の面影も無く、水田に囲まれた集落といった佇まいであった。


歴     史

 西一口城は、築城年代は定かではないが斎藤実盛によって築かれたと伝えられている。 承久3年の承久の乱では上皇方が一条信能らを配している。 戦国時代には元亀元年に三好三人衆が西一口城を落としたが、同年羽柴秀吉が細川藤孝らと共に奪回している。

お城へのアクセス
鉄 道: 京阪電車京阪本線淀駅〜バス/西一口
 車 : 京滋バイパス久御山淀IC〜国道478号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
かつては巨椋池の水が三方をとりかんでいたお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県