上野 西今井館



お城のデータ
所在地 群馬県伊勢崎市境西今井
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 居館 築城者: 今井惟氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 西今井館は、西今井地区にある妙見寺一帯に館が築かれていた。 寺の南側から西側にかけて堀が今でも残り、寺の西側にある民家の門前に館の案内板が建てられいた。

 資料に拠れば、土塁も残されているとのことであったが、民家の裏手の竹藪の中であろうと予測は付くが、屋敷地の中へ無断侵入となるためご遠慮申し上げた。


歴     史

 西今井館は、道忍屋敷ともいわれ、鎌倉時代に新田政氏の子今井惟氏によって築かれた。 その後、桐生から茂木氏が移り住んだと伝えられてる。 茂木氏は、戦国時代にはここに住し、当時境城主だった小此木氏との結縁があったという。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道伊勢崎線境町駅〜徒歩約15分
 車 : 北関東道伊勢崎IC〜国道17号線/警察署入口〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
お寺の廻りには今も館の堀が残っていた。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県