三河 仁連木城



お城のデータ
所在地 愛知県豊橋市仁連木町
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 戸田宗光 築城年代: 明応2年


見 ど こ ろ

 仁連木城は、朝倉川河岸段丘の先端部に築かれた城だ。 城の縄張りは、現在の大口公園となっている所に本丸を置き、仁連木福祉センターがあるところが二の丸を置き、さらに二の丸を取り囲む様に東曲輪と南曲輪(現在は住宅地)を配置していた。

 本丸以外の遺構は消滅しているが、大口公園を取り囲む様に土塁と空堀の遺構が残っている。 特に、福祉センターとの間にある土塁と空堀、虎口の遺構が良好。


歴     史

 仁連木城は、明応2年に戸田宗光によって築かれた。 渥美半島の統一を図った宗光は、田原城から仁連木城へと居城を移し、今橋城(吉田城)主牧野成時と勢力を争った。

 その後、天文16年に田原戸田氏が今川氏に攻められ没落後、今川方であった仁連木城主戸田宣光が戸田宗家となった。

 天正3年には、武田勝頼が長篠の合戦の前哨戦として攻めたている。 天正18年、戸田康長が家康の関東移封に従って上野白井へと移り、仁連木城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線豊橋駅〜バス/東田中郷
 車 : 東名豊川IC〜国道151号線〜国道1号線〜県道31号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
本丸部分がそのまま公園となって土塁がよく残るお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県