越中 蜷川館



お城のデータ
所在地 富山県富山市蜷川
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 蜷川館は、現在の最勝寺境内となっている一帯に築かれていた。 方形単郭の居館様式の縄張りで、寺の境内の周囲には土塁が残存しており、特に南〜西面にかけて良く残っている。

 かつては、館の周囲を土塁と堀が囲繞していたと推定でき、西がの水田・畑地は一段低くなっていて堀跡と容易に判定することができた。


歴     史

 
蜷川館は、築城年代や築城者は定かでないが、室町時代には蜷川氏は居城し、越中守護畠山氏に従っていた。 戦国時代の永正3年に守山城主神保氏により攻められ落城したと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 北陸新幹線富山駅〜バス/最勝寺
 車 : 北陸道富山IC〜国道41号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
囲繞する土塁は、今でも三方に残る居館。

富山県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県