山城 二条城



お城のデータ
所在地 京都府京都市中央区二条堀川西入ル
遺 構 曲輪、天守台、櫓、門、御殿、石垣、堀
形 式 平城 築城者: 徳川家康 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

 天下人になった者は、その武威を天下に示すため京都洛中に城を築いた、それが二条城だ。

 二条城は4回築城された。 織田信長が足利義昭のために築いた二条古城。(上京区武衛陣町にあり、石碑が建てられている。) 室町幕府滅亡後、信長自らの屋敷として築き、後に誠仁親王に献じた二条御所。(本能寺の変で明智光秀によって落城)

 豊臣秀吉が天正14年に築いた聚楽第、そして徳川家康が築いたのが現在の二条城だ。

 東大手門から入城すると、武骨な城にはどうも似合わない築地塀、そして二の丸御殿の入口に贅を極めた唐門と、どこかの寺院に来たような錯覚を覚える。

 二の丸御殿は、国宝にしていされていて御殿建築が唯一完存する貴重な遺構だ。 将軍家の御殿だけに内部は豪華なもの、この御殿で15代将軍徳川慶喜は、在京40藩を集めて大政奉還の決意を告げたのだ。

 家康が築城し、家光が増築した城で、最後の将軍15代慶喜が、この城で大政奉還をしたのも何かの巡り合わせか・・・。

 本丸には、桂宮家の御殿が移築されている。 武家の御殿と少し趣が違い、何となく雅やかな雰囲気のある建物である。 本丸西南隅には、かつては伏見城天守を移築した五層の天守が建てられていた。

 二条城には、御殿だけでなく建物の遺構も数多く残っている。 東大手門・北大手門・西門・桃山門・鳴子門・南中仕切門・唐門・本丸櫓門と9つの城門、東南隅櫓・西南隅櫓の2基の櫓、米倉が2棟残っている。 尚、南門は、明治に建てられたものでる。

 城内を見学したら、時間が許せば是非二条城外堀の周囲を一周することをお薦めする。 

 東大手門前の観光客が絶え間ない光景に比べ、二条城を周囲をジョギングする人、のんびりと散歩を楽しむ老夫婦、そして私のようにお城をゆっくりと眺める人、またひと味違った二条城を楽しむことが出来る。 


歴     史

 天下を取った徳川家康は、慶長6年に現在の地に築城した。 京都洛中での宿所、これが名目であるが、家康も信長・秀吉と同様に天下人となったこと示したのだ。 

 家康がこの時築いた城は、現在の二の丸部分で単郭の城で、大和郡山城の五層天守を移築した。

 3代将軍家光は、伏見城廃城のあり、元和9年に松平定綱に淀城築城を命じ、それまでの天守を淀城に移した。

 寛永3年に本丸等を増築して今の規模の城が完成した。 この時建てられた天守は、伏見城天守を移し築かれた。

 明治維新に際して、明治新政府が一番最初に接収したのが二条城である。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線京都駅〜地下鉄東西線二条城前駅 or バス
 車 : 名神京都南IC〜国道1号線
駐車場: 二条城前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
京の都に時の支配者が次々と造ったお城、最後は徳川慶喜。
  • 二条城開城案内                                                
    開城時間 8:45〜16:00
    休城日 年末年始 12月26日〜1月4日
    入城料 大人 600円
     

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ 京都市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県