信濃 新野八幡城



お城のデータ
所在地 長野県下伊那郡阿南町新野字寺山
遺 構 曲輪
形 式 居館 築城者: 関 春光 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ
 
 八幡城は、新野盆地北西の山麓にある瑞光院境内一帯に築かれていた。 八幡城は、城と云うより関春光の居館で、春光が日差城へ居城を移した跡に早世した嫡男の菩提を弔うために瑞光院を建立してた。


歴     史

 八幡城は、室町時代に関春光によって築かれた。 春光は、関氏3代春清の弟で、兄春清没後、若年の4代春仲の後見人を務めている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線川路駅〜バス/寺山
 車 : 三遠南信道天竜峡IC〜国道151号線
駐車場: 瑞光院の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
新野盆地の拠点に勢力を誇った関氏一族の居館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県