越後 根知栗山城



お城のデータ
所在地 新潟県糸魚川市栗山
遺 構 曲輪、土塁、泥田堀
形 式 居館 築城者: 不明 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 
根知城は、上城山城を詰の城、根小屋城が城の中核部を成し、栗山城が居館と3つの城から成り立っている。

 栗山城は、栗山地区の白山神社背後に築かれていて、鳥居のそばに根小屋城の城石碑が立てられいる。 神社から山道を少し登るとすぐに段曲輪となり、この辺りに家臣団の屋敷があったとか。 
 その中で一番広い場所に「ウツグラ(居館)」の標柱がある所が城主居館で、西から南側にかけて高さ約3m程の土塁が残り、更にその外側には泥田堀が今でもよく残っていた。


歴     史

 根知城は、築城者は定かでないが戦国時代に築かれた。 永禄8年、武田信玄に信濃葛尾城を追われた村上義清が上杉謙信を頼り、謙信より根知城を与えられた。

 慶長3年、上杉景勝が会津へ移封となり春日山城へ堀秀治が入りると、根知城には一族堀清重が入城する。 慶長4年、清重は上杉遺民一揆に備えて、清崎城を築いて移り根知城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR大糸線根知駅〜バス/農協前
 車 : 北陸道糸魚川IC〜国道148号線〜県道225号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
泥田堀に囲まれた根知城の居館城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 糸魚川市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県