信濃 根々井館
      根々井陣屋



お城のデータ
所在地 長野県佐久市根々井字亀田
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 根々井氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 根々井館は、現在の正法寺境内と東側の住宅地一帯で約150m四方の居館であった。 寺の裏手(墓地側)の道路脇に標柱が立てられ、寺の駐車場の一角に案内板が設置されているが、館の遺構は何も残っていない。 だた、根々井の集落は中世の町割りの名残を残しているとか。


歴     史

 根々井館は、築城年代は定かではないが根々井氏によって築かれた。 平安時代末期、木曽義仲に従って戦功を挙げた根々井行親が知られているが、根々井氏は滋野一族望月氏の分かれで、私牧経営で勢力があった。 根々井氏滅亡後、大井城主大井光照の三男祐貞が根々井を領している。

【根々井陣屋】
 根々井陣屋は、享保10年に水野忠照によって築かれた。 正徳3年に水野忠照は兄の松本城主水野忠周から蔵米2千俵を分知された。

 享保10年に本家水野忠恒が改易となった際、幕府より忠照が名跡継承を許され佐久郡内で2千石を与えられ、根々井館に知行所を構え、浜町水野氏が明治まで根々井の地を領した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線岩村田駅〜バス/根々井
 車 : 中部横断道佐久中佐都IC〜県道139号線
駐車場: 正法寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
平安末期から明治まで根々井を治めた場所となった館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県