信濃 祢津陣屋



お城のデータ
所在地 長野県東御市祢津字西宮
遺 構 曲輪、現存門
形 式 陣屋 築城者: 松平忠利 築城年代: 寛永元年


見 ど こ ろ
 
 祢津陣屋は、祢津沢川と唐沢川に挟まれた西宮地区中心部の一角に築かれていた。 西宮公民館前から北へ緩やかな坂道を登りはじめて最初の細い道を左手に入ると、門前に「祢津陣屋」の標柱が立てられていた。 この旧家敷地一帯が陣屋跡。 旧家の門が陣屋の遺構とも云われているようだ。


歴     史

 祢津陣屋は、寛永元年に松平忠利によって築かれた。 忠利は、美濃大垣城主松平忠良の庶長子で、父忠良の後を嫡男憲良が継承して信濃小ゥへ移封になった際、5,500石を分知され旗本に列し、祢津松平氏は代々この地を領して8代忠武の時に明治を迎えた。

 本家小ゥ松平氏は、正保4年に憲良が没し無継嗣により改易となった。 後に弟康尚が名跡を継ぎ、下総那須から伊勢長島と移ったが、元禄15年に乱行の為改易となっている。


お城へのアクセス
鉄 道: しなの鉄道田中駅〜バス/祢津西宮
 車 : 上信越道東部湯の丸IC〜県道4号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
久松松平家(松平康元系)の旗本分家の采知陣屋。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県