尾張 鳴海城



お城のデータ
所在地 愛知県名古屋市緑区鳴海町城
遺 構 曲輪、堀
形 式 平山城 築城者: 安原宗範 築城年代: 応永元年


見 ど こ ろ

 桶狭間の合戦では、尾張の国に打ち込まれた今川方のクサビの城だ。 この城が今川方にあったため、織田信長は周囲に善照寺砦中島砦・丹下砦を築いて包囲している。

 信長を苦しめた鳴海城だが、現在主郭部が城址公園となり、道路を隔てたところにある東曲輪には天神社が建てられている。 この天神社境内に「鳴海城址」の石碑があった。

 鳴海城は、南側は急な斜面となっていて、残る三方に堀を廻らしていたとか。 この堀の一部が残っているとのことだが、確認できなかった。


歴     史

 応永元年、安原宗範によつて成海神社跡地に築かれたが、宗範の死後廃城となった。

 戦国時代、織田信秀が修築して山口教継を守将として配置した。 信秀の死後、信長に不信を抱いた教継が今川義元に寝返り、後に教継は信長によって暗殺された。 今川義元は、山口教継の死後に岡部元信を鳴海城に入れ織田方に備えた。

 永禄3年、今川義元が桶狭間で信長に討たれると、城将岡部元信は信長に降らず、今川義元の首級と引き替えに城を明渡した。 その後、天正3年まで佐久間信盛が居城した後、廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄本線鳴海駅〜徒歩約5分
 車 : 名古屋高速3号大高線笠寺IC〜国道1号線/鳴海栄〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
桶狭間の合戦では、今川方の最前線の拠点となったお城。
  • 丹下砦の所在地 : 愛知県名古屋市緑区鳴海町丹下(現 光明寺の裏山)

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県