豊前 成恒城



お城のデータ
所在地 福岡県築上郡新吉富村成恒
遺 構
形 式 平城 築城者: 成恒氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 成恒城は、成恒地区の吉富神社がある高台一帯に築かれていた。 城は、成恒地区の西側を流れる佐井川を天然の濠とした縄張りの城であった。

 城の遺構は、神社本殿北側に「蓮根堀」と呼ばれる堀が長さ約50m程残っているが、この堀以外、土塁などの遺構は何も残っていない。


歴     史

 成恒城の築城年代は定かではないが、成恒氏によって築かれた。 城の歴史の詳細は定かではない。

 成恒氏は、城井宇都宮氏の出で、宇都宮政房の子昌俊が成恒の地を領して、成恒氏を称した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線吉富駅〜バス
 車 : 宇佐別府道路IC〜国道10号線/下野地〜県道225号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
神社の裏に今でも水をたたえる堀が残るお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県