肥後 南関御茶屋



お城のデータ
所在地 熊本県玉名郡南関町大字関町字城の原
遺 構 御茶屋、石垣
形 式 御殿 築城者: 細川斉護 築城年代: 嘉永5年


見 ど こ ろ

 南関御茶屋は、鷹ノ原城の南麓、豊前街道に面して築かれている。 鷹ノ原城が廃城となってから、鷹ノ原の城下に創立され、江戸時代初期から存在していたようだ。

 現在の御茶屋は、幕末頃にこの地へ移転して築かれた。 御茶屋の建物は、御居間、御次の間、御三の間と配され、屋根には細川家の九曜紋を付いた鬼瓦や軒瓦が葺かれていた。 また、御茶屋の建物へ街道から高石垣が積まれ一見城郭の様子をみせていた。


歴     史

 南関御茶屋は、嘉永5年に細川斉護によって築かれた。 御茶屋は、藩主の参勤交代や領内巡視の際の休息・宿泊する公館として建てられた。 この御茶屋は、領主熊本細川家だけでなく、宇土細川家(熊本分家)、人吉藩主相良家、薩摩藩島津家も参勤交代時に度々利用している。


お城へのアクセス
鉄 道: 西鉄大牟田線大牟田駅〜バス/南関
 車 : 九州道南関IC〜県道10号線〜県道4号線
駐車場: 南関御茶屋の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
清正築城の端城麓にはお殿様の御茶屋は築かれていた。

熊本県のお城一覧表へ トップページへ 南関町のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県