武蔵 難波田氏館



お城のデータ
所在地 埼玉県富士見市大字下南畑字蓮田
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 難波田高範 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 難波田氏館は、水田に囲まれた一角に「難波田城公園」として綺麗に整備されている。

 公園の中にはちょっと整備されすぎていて、何処までが本来の遺構なのかよくわからない。 それでも、規模の大小はわからないが、水田を利用して城の防備とした城の縄張りを垣間見ることが出来た。


歴     史

 難波田氏館は、築城年代は定かではないが、南北朝時代に難波田高範に築城した。 以後、難波田氏累代の居城となっていた。 

 戦国時代、難波田憲重は扇谷上杉氏に仕え松山城を守ったが、天文15年の川越夜戦で討ち死にした。

 その後、難波田城は、北条氏の家臣上田周防守が居城し、天正18年の小田原征伐時に豊臣秀吉軍によって攻められ落城した。 


お城へのアクセス
鉄 道: 東武東上線志木駅・鶴瀬駅〜バス/興禅寺前〜徒歩約5分
 車 : 関越道所沢IC〜国道463号線〜県道113号線
駐車場: 難波田城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
水田と水堀で守られた居館。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県