越前 中角館



お城のデータ
所在地 福井県福井市中角町
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 乙部氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 中角館は、九頭竜川と足羽川が合流する位置にあった河合庄にある交通の要衝に築かれていた。 中角駅東側の白山神社から南側にある宅地一帯が館跡のようで、地籍図を見れば土塁と堀に囲繞された方形の居館様式であったことがわかる。 現在は宅地化により館の遺構は何も残っていない。


歴     史

 中角館は、室町時代に乙部氏によって築かれた。 永正4年に一向一揆勢を破った朝倉貞景は、志比庄東部の安定を図るため中角の乙部義綱を藤巻へ配した。 朝倉氏滅亡後の天正2年に一向一揆により乙部氏の本拠中角館は攻め落とされ、乙部氏は本拠を藤巻へと移した。


お城へのアクセス
鉄 道: えちぜん鉄道三国芦原線中角駅〜徒歩約5分
 車 : 北陸道福井IC〜県道5号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
朝倉氏の家臣乙部氏の本拠となっていた館。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県