豊前 中津城



お城のデータ
所在地 大分県中津市二ノ丁
遺 構 模擬天守、模擬櫓、石垣、堀、曲輪
形 式 平城 築城者: 黒田孝高 築城年代: 天正16年


見 ど こ ろ

 中津城は、築城の名手といわれた黒田如水が心血を注いで築城した城だ。

 その縄張りは、山国川の河口に扇を広げたような形状をしていて、別名扇城と も言われている。

 中津城は、現在中津公園となっていて中津神社の境内でもあるが、ここに模擬五層天守と隅櫓が建てられ、天守内は資料館となっている。 本来、中津城 には天守は存在しなかったのだ。

 本の丸北面には、黒田如水が築いた石垣とその後細川忠興が拡張した際に築 いた石垣とがあり、両者の築城手法の違いを見ることができ、なかなか興味深い。

 城下には、福沢諭吉の生家などもあり、時間があれば是非訪れてはいかがか。


歴     史
(現地案内板より)

 天正15年、豊臣秀吉の九州征伐後黒田孝高(如水)が16万石を領して入国、翌年から中津城築城を開始した。 この時、黒田氏入国に対して城井谷城主宇都宮鎮房らの反乱が起きた。

 慶長5年、関ヶ原の戦功により、丹後宮津より細川忠興が豊前396,000石で中津城へ入封する。 忠興は、慶長6年から小倉城を築城して移り、中津には嫡男忠利を城主とした。

 慶長9年に隠居した忠興は、忠利と交代して中津城を隠居城として、三の丸と外郭の増築、城下町の育成を行った。 

 寛永9年、細川忠利が肥後熊本への転封に伴い忠興も八代城へと移った。

 その後に、小笠原長次が播磨龍野より8万石で入城、6代長興が播磨安志に移り、丹波宮津より奥平昌成が10万石で入封する。 以後、奥平氏が代々居城して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線中津駅〜バス/中津公園地入口
 車 : 九州道小倉東IC・宇佐別府道路宇佐IC〜国道10号線〜県道23号線
駐車場: 中津公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
山国川河口に扇状に縄張りされた海城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ 中津市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県