伊賀 中出山城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市出後字中出山
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 永井内膳 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 中出山城は、前山山頂部から北に延びた尾根筋頂上部東側にある永井氏城の支城として、尾根先端部に築かれている。

 城は、高さ2〜3m程の土塁を囲繞した方形単郭の縄張りで、西に向かって虎口が開かれ、背後の丘陵部に面した南側には堀切が設けられている。

 本城の永井氏城とは、約150m程の距離しかない。 二つの城の間には、削平地などの防衛設備があったとも思えるが、実際に現地を探索したが、それらしい遺構は見られなかった。


歴     史

 中出山城は、天正年間に永井内膳によって築かれた。 永井氏は、天正伊賀の乱にも参陣して織田勢と戦った郷士。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/出後橋
 車 : 名阪国道中瀬IC〜国道163号線
駐車場: なし。(地蔵堂前に駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
永井氏城と同じ丘陵に築かれている支城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県