紀伊 名杭城



お城のデータ
所在地 和歌山県日高郡印南町島田字名杭
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 名杭城は、印南町とみなべ町との境にある城山に築かれた城だ。 この城についての文献も極めて少なく、鳴神城とも明神ヶ城とも呼ばれている超マイナーな城だが、城の規模は、榎城と併せた城郭群と考えると、和歌山県内中世城郭としては手取城平須賀城に次ぐ規模の城だ。

 城は、城山山頂部に主郭を置き、南に向かって二の曲輪・三の曲輪を連郭式に配置した縄張りとなっている。 城の遺構は、各曲輪には土塁が残り、主郭と二の曲輪に一部石垣が残っている。 三の曲輪の南側切岸下には横堀と土塁、竪堀が2本残っている。


歴     史

 名杭城は、築城者や築城年代など詳細は定かではない。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線切目駅〜徒歩約20分(登城口)
 車 : 阪和道印南IC〜国道42号線〜県道197号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
和歌山県内有数の中世城郭の規模を誇る超マイナーなお城。
  • 名杭城への道しるべ
    切目駅から県道197号線を切目川によって山間へと進む。 阪和道の下を通過して直ぐの細い道を右手に入り、小さな集落の中を進む。 道なりに進むと再度阪和道に行き当たる。 この地点の手前50mほどの所に神社への参道がある。 この参道から山道へ、これが榎城・名杭城への登城道。
  • 榎城主郭から東に向かって曲輪群が連なり、その先端部から更に尾根筋を東へと登る。 途中、メチャメチャ見晴らしの良い地点(やせ尾根)を経て、尾根は一時下るが、直ぐに東へと登る。 登り詰めたところが城山山頂、名杭城だ。
  • 名杭城・榎城とも登城口から一切道しるべが無い。 1/25000の地形図と縄張り図を持参、できることなら単独行は避け、グループでの登城をお勧めする。 

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県