豊後 永山城



お城のデータ
所在地 大分県日田市丸山2丁目
遺 構 曲輪、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 小川光氏 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

永山城は、現在月隈公園となっている。 公園入口の水堀には、白い城壁と石垣の姿が浮かんでいた。

 公園前の堀を隔てた一帯が『永山布政所』跡で天領の代官所があったところだ。 代官所の縄張り図付の案内板がある。

 永山城は、月隈山の山頂部に主郭を置き、天守台と思える櫓台が一段高く築かれている。

 また、主郭虎口には、ここを守る櫓が建てられていたのであろうか、ここの石垣はなかなか見応えがある。


歴     史

 永山城は、慶長6年に小川光氏によって築かれた。 元和2年、美濃大垣より石川忠総が6万石を領して入封、この時丸山城から永山城へと改称した。

 寛文9年、石川忠総は下総佐倉へと移封になり、この地は中津小笠原氏の城番が置かれた。

 寛永16年、天領として代官支配となり永山布政所が置かれた。 天和2年に松平直矩が播磨姫路より7万石を領して入封。 貞享3年には出羽山形へと再度移封になり、再び天領として明治まで至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR久大本線日田駅〜バス/北豆田
 車 : 大分道日田IC〜国道212号線
駐車場: 月隈公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
天領日田の代官所が置かれたお城。 

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県