長門 吉見宰判勘場



お城のデータ
所在地 山口県宇部市吉見字下岡
遺 構 なし。
形 式 代官所 築城者: 長州藩 築城年代: 寛永2年


見 ど こ ろ

 吉見宰判勘場は、下岡地区東側にある下岡神社境内背後の高台一帯に設置されていた。 勘場跡は現在荒れ地と畑地となっていて、勘場の遺構などは何も残っていなかった。

 勘場跡へは下岡神社からは雑木や蔓草が密集して行けず、北側の新幹線高架下から南へ山陽本線を渡る橋を通って行くことができた。


歴     史

 長州藩は、藩内統治のため周防で9区・長門で8区の行政区に分け宰判勘場(代官所)を設置した。 吉見宰判勘場は、寛永2年に設置されたが元禄2年に船木村へ移転(船木宰判勘場)して吉見村の勘場は廃止となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線厚東駅〜バス/吉見
 車 : 山陽道山口南IC〜国道2号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
高台の畑は確かに勘場の跡なのだが・・・。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県